自由民主党公認 千葉県議会議員 いすみ市選挙区 小路正和オフィシャルサイト

情熱いすみ

【Tokyo2020/1年延期】

2020年03月25日

東京オリンピック・パラリンピックが新型コロナウィルス対策のため1年延期となりました。

来年の夏までを目処に実施するとの合意がなされたとのことです。

これまで今夏の開催のため心血を注いできた関係者の皆様のご労苦を考えると誠に残念なことであり、これからの業務を考えると大変なことになってしまった、というのが正直な思いであります。

また、一生に一度かもしれない晴れ舞台を夢みて青春を費やし、今夏に照準を定めて並々ならぬ努力をしてきた選手の皆様のことを思うと、本当に気の毒でなりません。

ですが、現在進行中の「新型コロナウィルス」の世界的な流行を見てみますと、残念ながら延期やむ無しの状況かと思いますし、完全な中止とならなかっただけでも良かったのではないでしょうか。

聖火リレーも延期とのことで「聖火」そのものは福島県に留まるとのことでありますし、決定していた「聖火リレーコース」や「聖火ランナー」にもなんらかの配慮が検討されるとのことです。

今後は、会場のこと、周辺整備のこと、選手選考のこと、宿泊先やホストタウンのこと、事前キャンプのこと、関連予算のこと、損失補填のこと、スポンサーのこと、ボランティアのこと、イベントのこと、計画や施策の見直しのこと…

等々やらなければならないことを挙げると枚挙にいとまがありません。もしかしたら、開催する以上の労力が必要かも知れません…

しかしながらやり方次第では、これもまた「ピンチをチャンス」にかえると捉え関係者一致団結して、より進化した【Tokyo2020大会】に『リセット』するいい機会となるのではないでしょうか…

選手の皆様も、関係者も、開催地の地元周辺の皆様も、もう少し時間があればとか、ああしたい、こうしたい、もう少し時間があれば、とか、心残りとか焦りとかあったはずです…

実は、私もそうです…

せっかくの半世紀ぶりの東京での夢の祭典ですから、その後の日本に、千葉県に、外房いすみ市に、夢のあるレガシーを創出し、世界へ平和のメッセージを発信する使命が、このオリンピック・パラリンピックにはあるはずです。

ぜひとも国民一丸となって「新型コロナウィルス」に打ち勝ち、来夏にむけ、あらたに目標を『リセット』し、「ピンチをチャンス」に変えようではありませんか…

世界中の新型コロナウィルスによる犠牲者の方々のご冥福と、感染者の皆様のご回復、1日も早い感染流行の終息をお祈りいたします。

あわせて【Tokyo2020】(※名称はこのまま)の大成功と選手の皆様のご活躍、世界の平和と我が国の繁栄を心から念願し、延期に伴うメッセージとさせていただきます。

千葉県議会議員
小路正和

IMG_20200325_084745_120
↑東京五輪1年延期の記事

小路正和後援会LINE